オロトレーディング/Olotrading


Olotrading(オロトレーディング)は2013年にベリーズに設立されたばかりの海外FX業者です。ベリーズという国を知らない人も多いかもしれませんが、北アメリカ大陸にありメキシコのお隣さんです。日本では余り有名な国家ではありませんが、きちんとベリーズの法律に基づいて運営されていますので不安はありません。Olotradingを運営しているBELFX LIMITED有限責任会社はベリーズの国際金融サービス委員会にきちんとライセンス登録されています。

投資家が預けた資金はBELFX LIMITED社の資金とは別に管理されていますので、安心して大切な資金を預けておくことが可能です。Olotradingの特徴として4種類の口座タイプが用意されていて、利用者は自分にあったものを選ぶことが可能です。「STANDARD口座」は一番基本となる口座タイプで、最少入金額が100ドルからとなっていますが、最少スプレッドが1.6pipとあまり条件がよくありません。

もっとよい条件で取引をしたいのであれば「PRO口座」やさらに上位の「VIP口座」を開設することがオススメとなっています。PRO口座は最少入金額が10,000ドルですが最少スプレッドが0.7pipとかなり使い勝手がよくなり、VIP口座なら最少入金額が30,000ドルとハードルは高いですが最少スプレッドは0.5pipになります。さらに特殊な口座として「TOP ZERO口座」というのも用意されています。この口座タイプの最大の特徴は「EA専用」の口座だということです。

他の3種類の口座でもEAは使用できますが、このTOP ZERO口座はさらにEAに特化した口座となっていて、最少スプレッドは0pipです。EAトレーダーの人は、それだけでもこのOlotradingを選ぶ価値があるかもしれませんね。この口座の最少入金額は3,000ドルからとなっています。4種類の口座はすべてレバレッジは500倍、マージンコールレベル100%、ストップアウト75%で共通しています。扱える商品やサポートに関しては口座ごとの違いはないようです。

Olotradingでは完全なSTPとなっていて、ディーリングデスクやディーラーを仲介せずに、投資家に直接価格を提供しています。常に最良のビッド/オファー環境での取引ができますし、約定力も高いようですので、Olotradingはすべての投資家にとって魅力的ですな海外FX業者となっています。

プラットホームには世界中の投資家に利用されているMT4が採用されています。もちろん日本語対応です。ワンクリック注文、最高水準の注文約定システムをはじめ多彩な機能が用意されています。自動取引も可能で、OlotradingではEAに特化した口座も用意されているぐらいです。現在では必須となっているモバイル環境への対応もバッチリですので、スマホやタブレットからも取引をすることができます。

iPhoneやiPadはもちろん、Android端末やWindowsモバイル用のMT4アプリも用意されていますので、ネット環境さえあれば取引場所を選びません。

Olotradingではクレジットカードや各種の決済サービスなど様々な入金方法に対応していて、自分に合った方法を選べるのでとても便利です。他の業者でも一般的に利用されているネッテラーにも対応しているので、海外のFX業者ですが面倒なく入金をすることができます。

入金すればすぐに口座に反映されますので、取引チャンスを逃すことがありません。手数料も必要ないのでとてもありがたいです。出金には数日程度かかりますようです。不明な点がある場合には、電話だけではなくメールやライブチャットでのサポートを受けることができるため安心です。ただし日本語でのサポートは限定的のようですので、少しだけ不便な場合もあるかもしれません。

Olotradingはまだ日本では有名なFX業者ではないかもしれませんが、海外FX業者の中でもなかなか面白い業者だと思います。もし不安を感じるようでしたら、実際に口座を開設する前に「デモ口座」を利用してみるといいかもしれません。10万ドルのバーチャル資金を使ってどんな感じなのかを試してみることができます。